自分にも会社にも嬉しい、効率よく仕事をこなすコツとは

中途半端にしない

コミュニケーションの大切さ

これは効率的に仕事をこなすことができない部下がいると感じている管理職の人も気を付けないといけないですが、仕事を与える時、又は引き受ける時、100%その内容をお互いに理解できているか、分からない事はないか確認をすることで、中途半端な仕上がりになる事はもちろん、求められているものを効率よく完了させることが可能になります。
ここで一番重要なのはコミュニケーション能力。
普段から、何でも質問しやすい関係を築いておくことは当然ですが、自分が何を理解していないのかも把握しておくことも大切です。
もし、どのように仕上げたらよいか少しでも不安に思う箇所があるなら、仕事を引き受ける際に必ず相談することで、今後の関係も良くなることでしょう。
最初から全てをパーフェクトにすることができる人はいません。
分からないことは分からないと正直に伝え、無駄な見栄を張らない事で、最終的に自分が効率よく仕事を進める事に繋がります。

スケジュール管理

自分が今どれだけの仕事を抱えていて、それぞれの期限を常に意識しながら仕事を進めていくことは基本中の基本です。
カレンダーや手帳をうまく使いこなせているかどうかも自己管理力を左右させ、効率化にもつながります。
仕事を引き受ける際にも、必ず全体のスケジュールを確認しながら、どのくらいの時間が必要か相手に伝えるようにしましょう。
相手が上司の場合、スケジュールについて相談するのも良いでしょう。
もし、どの仕事から優先的に仕上げたらよいか判断に困っているのであれば自分で判断せず、上司に相談し、決めてもらいましょう。
そうすることで、無駄な焦りが減り、同時に上司もあなたが今どういう状況にあるか把握しやすくなるので、もしあなたが手一杯である場合、それを他の人にまわすことも考えてくれることでしょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
TOPへ戻る